NerimaShihanmato
茶矢羽

四半的の特徴

- Features of Shi-han-mato -

飫肥城曲輪

四半的では、射手は座って弓を引きます。正座でも、椅子に腰掛けても、車椅子でも引くことができます。座って弓を引く位置から的までの距離が8.2mになります。この距離ですと野外ではもちろんのこと、室内でも練習ができます。実際、都内で活動する四半的の団体のほとんどが体育館や公民館で稽古に励んでいます。

弓の長さは136cmほどのものを使用します。これは大弓に比べると、3分の2程度の全長になります。逆に、矢尺は弓の全長と同程度の矢を使用しますので、大弓に比べて長くなります。

基本とする的は四半的、13.6cmになります。この他にも、三寸的(9.09cm)、二寸的(6.06cm)、一寸五分的( 4.54cm)、一寸的(3.03cm)、スジ的などがあります。

  • Distance to Target: 8.2m (way shorter than Japanese usual Japanese archery)
  • Length of Bow: 136cm (shorter than usual Japanese bow)
  • Length of Arrow: 136cm (longer than usual Japanese arrow)
  • Diameter of Target: 13.6cm (way smaller than Japanese archery)

All the above lengths are shown as 4.5 (four point half ) in the old Japanese system of weight & measure and therefore, it has been called as Shi-han-mato (4.5 target)

Shi-han-mato is a competition in which we use the Japanese bow and compete whether the arrow shoots the target or not. Therefore, there are many other targets of 9.09cm, 6.06cm, 4.54cm, 3.03cm and winding target other than the target of 13.6cm mainly for the training.